ミスコン座談会

 当編集局は10月16日、ミス候補者5人を部室に招き、座談会を開催した。テーマは「五年後の自分」。候補者たちは自らの進路や結婚、子育てなど様々な展望を語った。

 

進行:みなさんの将来なりたい職業はありますか?

 

天野:私はまだ2年生なので、ざっくりと広告系の仕事か、ディベロッパーになりたいと思っています。広告系の仕事は、兄が広告代理店に勤めていて、仕事の話を聞いていて楽しそうだからやってみたいと思いました。また、必修では架空の会社を作ってシミュレーションを行う授業がありました。私の担当はCMで、広告に関する利益などを考えることが楽しく、一層その仕事に就きたいと思いました。ディベロッパーになりたい理由は、私の趣味が不動産をWEBサイトで調べることで、町が変わることで人が変化することが面白く、街を始めとした環境づくりがとても面白いからです。

 

十代田:私はアナウンサーになりたいです。でも大学生になってからいろいろな活動をしているので、その中で将来の進路に迷っています特に1年生の時から化粧品会社の学生アンバサダーをしていて、とても楽しくてアナウンサーと迷っています

 

相澤:明確には決まっていません仕事って一番長い時間を費やすものなので好きなことをしたいとは思います。私は化粧が好きで、化粧品のことや他人を化粧することについて学び、化粧品関係の仕事に就きたいかなって思います。

 

田中:アナウンサーになりたいです。大学生になってからニュースをしっかりとみるようになって、災害報道をするアナウンサーがかっこいいと思いました。私も常に情報の第一線にいて、視聴者にそれを伝えられるアナウンサーになりたいです。インタビューとか取材が楽しいのでライターにもいいかなと思います。

 

片田:アパレル化粧品広報をしたいと思います。私は雑誌を作りたくて新聞学科に入ったのですが、雑誌だけだと今の時代を生き残ることが難しいことに入ってから気づきました。手間暇かけて物事を行う方が好きなので、愛情を注げるような仕事がしたいと思います

 

進行:5年後の生活についてはどう考えますか?

 

天野:5年後なら働きたい気持ちが強いですね。上司には「この子に任せれば大丈夫」とか部下には「この人についていきたい」と思われるようなキャリアウーマンになりたいです。仕事以外の面でもいろいろなことに挑戦し、充実した生活を送りたいですね

 

十代田:もしアナウンサーになれたらに強いので気合で起きて朝の番組をして…というのを頑張りたいです。結婚して子供も二人ぐらい産んで、私の育ったような温かい家庭にしたいです

 

相澤:私はバリバリ働くつもりではないです。最初の何年か働いて、結婚して家族を持って幸せに暮らしたいですとは言っても仕事は経験として、後悔もしたくないので本当にやりたいことを見つけて楽しい仕事をしたいと思います。

 

田中:私の母は専業主婦で私を手間かけて育ててくれました。そんな子供第一母親像にあこがれます。アナウンサーとの両立が難しいけどもしできるならやってみたいです。

 

片田:仕事一番で考えていける人でいたいです。かつオンオフをしっかりした人になりたいと思いました。休日もアクティブに好きな人と過ごせればいいなと思います。

 

進行:5年後はみなさん結婚や家族を持っていると思いますか?理想の家庭像あれば教えてください。

 

相澤:自分が育ってきたような家庭をつくりたいです。小さいころから朝食と夕飯は家族全員で食べていて当たり前のことだと思っていたんです。でも高校のときに部活動や塾でだんだん帰る時間が遅くなってきて当たり前じゃないって気づきました。それでも一緒に食べてくれた母には感謝しています距離感はなんでも話せる友達のような母親を心がけたいです。上京した時、初めて都会の景色を見て、景色を見渡せるようなマンションに住みたいなと思いました。高層マンションがいいですね。

 

十代田:年後はまだ結婚はできていないと思います。とりあえず働きたいので30代ぐらいで結婚したいです。子供は上が女の子、下が男の子の二人がいいな。おさんが「育てやすかった」って言ってたので。そして好きなことをさせたいです自分がやっててよかったと思うピアノ、バレエもさせたいな。子供がお母さんの料理を食べたいって、帰りたいような家庭にしたいです。

 

田中:私の父は単身赴任をしていて母が夜に父と電話しているのをよく見るんです。その様子がなんだかカップルみたいで…

 

4人:「かわいい

 

田中:そんな互いを尊重できるような夫婦になりたいと思います。家族だからといって夫婦関係がなあなあにならない方がいいです。

 

天野:子供二人ほしいですね。私には三つ上の兄がいて、喧嘩のときはすごかったけれどかわいがってもらったので兄妹がいいです。家は低層階、3階建てマンションの3階とかがいいですね。広いベランダがあるとなおいいです。近くの公園でピクニックとかしたいので、そういうのにも協力してくれる夫がいいなぁと思います

 

片田:私はがいて、末っ子なので甘やかされてきました。得したこともあるけれど、近い方が気軽に話せそうだし兄と姉がうらやましく思えました。なので子供二人で年齢は近い方がいいですね。母がインテリアデザイナーなので、母の作った家に住みたいです。若いときには都内に住んで、子供ができたら都内近郊に移住したいです。ペットは絶対飼います。猫を1~2匹飼いたいですね。でも、5年はまだ働きたいです。30代ごろには結婚したいかな

 

進行:では最後になりますが、本選への意気込みをお願いします。

 

天野:7月から5人で活動してきて「ここまで頑張ってきたな」と思います。活動が想像以上に意味あるものだと思いました本選では悔いのないようやり切りたいです。

 

十代田:活動中に悩むこともありましたが、5人で楽しくここまでこれました。正直、終わるのは嫌です活動をしている中で、いかに自分が沢山の方に支えられてきたかを実感しました。本選では自分の成長した姿を見せたいです。

 

相澤:ミスコンのような行事に参加するたちではなかったので、最初は戸惑いばかりでした。活動が優先されているので一人暮らしの家事との両立が大変でした。そんな中で私を支えてくれる家族や友達がいてくれて、その人たちがいなかったら半年乗り越えられなかったと思います。本線もいつもどおり私らしく、その頑張りを見てほしいです

 

田中:お披露目のとき「笑顔で本選を迎えたい」と思っていました。ミスター候補含め10良く今までやってこれたので、このまま笑顔で達成したいです。全力で悔いのないように頑張ります。

 

片田:私は、ミスコンに華やかなイメージがあって昨年まで興味を持っていませんでした。いざ自分が候補として活動してみる想像以上に大変で、やりがい人の温かさ、大切さを知りました今までの私みたいに見ていない人にこのことが伝わらないのがもったいないと思います本選では、華やかな世界で近寄りがたいと思われがちですが、しっかりやっているんだな、ミスコンって熱いんだなということが伝わればいいなと思っています。

 

進行:本日はありがとうございました。