ブラインド・サッカー講演会と体験会

 ソフィア祭最終日にソフィア会オリンピック支援特別委員会が、本学第三体育場で「ブラインド・サッカー講演会と体験会」を開催した。ゲストにブラインド・サッカーチーム「乃木坂ナイツ」を招き、講演会、デモゲーム、体験会の3部構成で行われた。

 第1部の講演では「乃木坂ナイツ」代表の葭原滋男氏が登壇。パラリンピックアスリート時代の華々しい活躍日常生活における工夫の紹介、また障がい者に対する考え方や接し方を変えてほしいという願望を述べた。

 第2部の体験会では、初めに乃木坂ナイツによるデモゲームを見学した後、アイマスクを着用して実践。チームメイトの声やボールの音頼りにゴールを目指して走ったり、ドリブルワークを行った。最後にはシュート対決が行われ、盛り上がりを見せた。

 初めてこのような企画に参加したという石川佳奈さん(文哲2)は「自分が思っていた以上に融通がきかなくて困惑した。ボールと自分の距離感覚を掴むまでは怖さがあったが、最後は楽しめたと思う」と話す。

 今回の企画はASFで行われた車いすラグビーに続く2回目。ソフィア会主催、上智大学共催、さらにオリ・パラ委員会、ソ実の協賛で実現した。この体験会を企画したポルトガル語学科卒業生の鈴木謙さんは「今後は学生が中心となって同じような企画を立ち上げてほしい」と話す。