男女で明暗分かれる - 上南戦 バドミントン

 バドミントン部の試合が8日に上智大学第3体育場で行われた。男子は4年連続の勝利を挙げたが、女子は昨年大敗のリベンジとはならず、0-5の完敗を喫してしまった。

 昨年の秋リーグ優勝の実績を誇る男子の初戦のシングルスは入部して間もない結田将平選手(文仏1)。大役を任された結田選手は物怖じすることなく快勝。流れは上智へと傾いたかのように思われた。

 しかし第2シングルス、第1ダブルスと続けて敗れてしまう。後がなくなった第2ダブルスでは高橋俊也選手(国教3)、柴田省吾選手(法地2)のペアの見事な活躍でこのセットをものにする。勝敗のかかった最終シングルスでは、昨年の上南戦で彗星のごとく現れ活躍したエース加藤瑞希選手(文史2)が南山との熱戦を制し、上智に勝利をもたらした。

 男子主将の高橋選手は「ギリギリの接戦を制せて嬉しいが秋リーグはより過酷、連戦が予想されるのでそこに向けた体力アップなど課題を達成していく必要を感じた」と今後の展望を語った。

 一方、女子は昨年大敗のリベンジに燃えていたがまたしても南山との実力差を思い知らされる不本意な結果となってしまった。シングル1、2戦ともストレート負けを喫し早くも追い込まれる上智。ダブルスでの反撃を図るもまたしても完敗し、最後のシングルスを待たずして敗戦が決まってしまう。結局5戦ともすべて敗れてしまった。

 この結果を受けて女子主将の舟木楓選手(文仏3)は「試合前に目標を決めて臨んだが格上相手に差を見せつけられてしまってとても悔しい。これを糧に秋リーグへ向けて切り替えていきたい」と振り返った。

 男女で明暗分かれる結果となったバドミントン部であったが、秋リーグでの躍進に期待したい。