秋季リーグ 男子ラクロス部昇格

 3部から2部へ昇格を果たした本学男子ラクロス部Sioux Warriors「厳しさ」と「一体感」で、ブロック戦、プレーオフ、入れ替え戦と長期に渡る秋季リーグ戦を戦い抜いた。

 2部昇格を決めた筑波大学との入れ替え戦最終戦について、男子ラクロス部主将の森歩太さん(経済4)は正直1Qで先制されてしまった時は内心少し焦っていた」と苦笑い。しかし森さんは試合が始まる前から絶対に勝てるという自信があったという。どんなに強い相手が現れても必要以上に恐れないことが大切。そして今年は応援団やチームメイトなど会場が一体となり、声を出してり上げてくれたことが勝利に繋がったと思う」と戦を振り返った。

 昨年1年間は普段の練習から常に試合を想定し、緊張感を持って取り組んできた。「オールフィールドラクロス」を意識し、ディフェンス中でも、常に相手の動きを見てボールをとられたらすぐにオフェンスにつけるように動いていたという。

 現在は、新チームとなり、すでに次のリーグ戦に向けた練習が始まっている。新チームについて森さんは「少しハードルは高いかもしれないが1部昇格、そして数年後1のチームと対戦ができるようなチームになるための基盤を築いてほしい」と活躍を期待した